経済産業省【2030年代半ば以降、国内の新車販売は全て電動車へ】


【2030年代半ば以降、国内の新車販売は全て電動車へ】

こんにちはGハウス谷口です。
皆さん、2030年代半ば以降、ガソリン車の新車販売は禁止されるかも、、、というニュースはご覧になりましたでしょうか?
12月上旬の記事で、経済産業省は「2030年代半ばに、電動化を100%にする」とする方向で調整している事が発表されました。
という事は約15年後にはEV車が主流になる。という事です。
主流になるのはもっと早い時期かもしれません。
2030年代半ばに新車のガソリン車を販売することができなくなる。という事ですから。
(自動車会社は報道が出るずっと前から知っていたと思いますが・・・)


この動きは日本だけではありません。各国様々な「脱ガソリン車」の目標を掲げています。

【イギリス】・・・2030年までにガソリン車・ディーゼル車の新車販売禁止、2035年までにハイブリッド車も禁止。
【アメリカ】・・・カリフォルニア州では2035年までにガソリン車・ディーゼル車の新車販売を禁止。
【カナダ】・・・ケベック州では2035年までにガソリン車の新車販売を禁止。
【中国】・・・2035年をめどに全ての新車をEVやHVなどに。

この時代背景「脱ガソリン車」に対応したお家の完成見学会を1/9(土)・10(日)に加え30(土)・31(日)で追加開催することになりました。
具体的にはインナーガレージにEV車充電設備があり太陽光で発電した電気をEV車に充電する事ができます。
また、災害時などの停電の際には、EV車の電気を家で使用する事ができます。
設置型蓄電池との大きな違いは、移動できる事。
そして、蓄える事の出来る電力量がEV車の方が多い事です。

Gハウスは、ただ「健康に暮らすことができる家」を提供しているのではありません。
未来にも対応できる高性能住宅を提供しています。
この未来に対応・災害時に対応した高性能住宅を体感できる完成見学会、ぜひこの機会にご参加ください。
尚、前半の1/9・10の空きが少なくなっておりますので、お早目のご予約をおすすめしております。

当日はコロナ対策として
マスク・手袋の着用、検温、アルコール消毒を実施しております。
またお施主様のご厚意でお借りいたしますので、皆様のご協力、宜しくお願いいたします。



画像をクリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top