大阪でGハウスだけの高性能住宅

こんにちは。

事務の谷口です。

Instagramのフォロワーさんが1000間近になりました。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

台風17号が近畿地方に接近しています。

みなさん、早めの備えをして、大風が接近してからの不用意な外出は控えてください。

 

 

さて、本日は「大阪でGハウスだけの高性能住宅」という事ですが、何が大阪でGハウスだけなのか?と言いますと

 

全ての設計デザインには科学的根拠がある。という事です。

 

高性能 は様々な性能を数値化できます。しかし、良い数値を出す方法が全て健康に良いのか?というのは、実際に検証してみないと判断できません。

 

例えるなら、電子タバコや加熱式タバコ。

「煙が出ない、あるいは煙が見えにくいので禁煙のエリアでも吸える」、「受動喫煙の危険がない」、「従来の燃焼式たばこより健康リスクが少ない」と誤認され、

急速な広がりをみせています。しかし、発売数年が過ぎた現在では「実はタバコと同等に人体に有害だ」というデータが出てきました。

まさに、実際に検証していなかったからです。

 

Gハウスではでは、科学的根拠を基にした設計デザインのお家を建てています。

 

科学的根拠があるこだわりの一部をご紹介します。

ダウンライトは採用しません

 家族の健康に影響する科学的根拠があるからです。

エアコンは年中点けっぱなしが正解です

 ―点けっぱなしでも料金が高くありません。

ユニットバスの天井はありません

 ―弊社の特殊な換気システムだから出来る科学的根拠があります。

トイレの排気口は床面にあります

 科学的根拠があります。

 

などなど、Gハウスの家づくりには科学的根拠があります。

まだまだ、上記に挙げたものはほんの一部にすぎません。

 

科学的根拠の詳細は「勉強会」にてお伝えしています。

9/29(日)・10/6(日)・10/20(日) 

9:30~12:00

 

Gハウスのスタッフ(建築部・営業部に限る)は家づくりの性能に関して大分マニアックだと思います。

良く言えば家づくりのプロ、言い方を変えればマニアックと言うか・・・こだわりが強いです。

 

 

どこの住宅メーカーさんでも通用する内容なので

性能について詳しく知りたいという方はぜひ一度「勉強会」にご家族そろってご参加ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Tel