ファブリック使いのコツ

こんにちは。

池田 祐規です。

 

 

 

 

ffb41fed03763b7abd24c804c2af7e2a

 

 

 

 

 

 

 

 

ファブリックとはカーテンやラグ、クッション、ソファーカバーなど、

インテリアに欠かせない布のアイテムのことです。種類も豊富でアクセ

ントにもなるので、上手に活用しましょう。

 

 

・ファブリックで手軽な模様替えを楽しもう

 

 

部屋に占める面積が大きいファブリック類は、部屋の印象を手軽に変え

 

たいときにぴったりのアイテムです。家具を買い替えるなど大がかりな模様

 

替えができないときはカーテンやソファーカバー、クッションカバーな

 

どを変えるだけでも雰囲気をがらりと変えることができます。

 

アイテムのバリエーションが豊富で価格が手ごろなこと、軽くてかさば

 

らないのでいくつも所有しやすいのもメリットです。

 

 

 

 

 

 

・季節に合わせた素材や色選びをしよう

 

 

 

 

ファブリックを選ぶときは、季節を意識した素材を取り入れることが重

 

要です。夏は薄手のリネンやレース、冬は厚みのあるファーやウール、フェ

 

ルトなどを取り入れると季節感を演出できます。さらに素材と同様に色も

 

季節に合わせて変更もできます。夏はブルーや白の寒色。冬は赤やオレンジなど

 

の暖色を取り入れましょう。色の心理効果を取り入れることで、自然と夏は

 

涼しく、冬は暖かく感じられると思います。

 

 

 

 

 

 

・部屋のアクセントになるファブリックパネル

を取り入れよう

 

 

 

 

 

 

ファブリックパネルとは木製のパネルに布地を張ったインテリアアイテ

 

ムのことで、北欧やヨーロッパで昔から親しまれてきました。絵を飾るよう

 

な感覚でリビングや廊下などにあしらうと部屋のアクセントになり、イ

 

ンテリア上級者の雰囲気を演出できます。市販品もあるが好きな布を買っ

 

てきて手作りするのもオススメです。柄はカーテンやソファーなど他のアイ

 

テムと合わせることもお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

 

次回、5月27日に、旭区でセミナーしますので、これから家づくりをお考えの方で、まだ未参加の方はぜひ!!

お問い合わせは、06-6954-0648 (火曜・水曜 定休日)

 

 

 

 

 

#家づくり #大阪 新築

 

 

 

 

 

 

 

Scroll to top
Tel