暮らしが劇的に向上する高性能住宅

暮らしが劇的に向上する高性能住宅

暮らしが向上する家とは

私たちGハウスは、住宅を提供しているのではなく、「暮らしの質」が向上する住宅を提供しています。

毎日のお掃除、洗濯、食器洗い等、これらは人間でなくてもできること。

家事がお好きな方もいらっしゃるかと思いますが、多くの方はそれには該当しないのではないでしょうか?

家事を家電に任せ、空いた時間を有意義に過ごす。

人間はテクノロジーと共に進化をしています。

ポケベルが流行った約30年前、30年後にスマートフォンができることをだれが想像したでしょうか?

世界的にみてもても目覚ましいスピードでテクノロジーは進化しています。

これは住宅においても同じことが言えます。家事と呼ばれる仕事は全て、家電にお任せ、日常生活の電源のON・OFFでさえ人間が行動するのではなく、音声機能等を利用して操作をする。

とても、便利な時代になりました。


IOT家電

IOT家電は「Internet of Things」の略で、インターネット通信の最先端技術を指します。

家庭用の電化製品にIOT技術を取り入れたものをIOT家電と呼びます。


IOT家電のメリット

IOT家電のメリット

01
電化製品の遠隔操作ができる

外出先からでも、スマートフォンやタブレットなどで、電化製品の操作が可能になります。急遽、お子様のお迎えをご両親に頼んだ場合、鍵が無くてもスマホの遠隔操作で開錠・施錠をすることができます

IOT家電のメリット

02
消費電力の見える化で節電ができる

消費電力を見える化することで、電気使用料データをタイムリーで確認することができます。電気使用量を見える化することで、節電意識の向上を図る事が出来ます。

IOT家電のメリット

03
音声操作ができる

音声認識に対応したスマートスピーカーを活用し、直接の操作はせずに音声のみで電源のON/OFFができます。両手がふさがっている時や、電気スイッチから離れた場所からでも、音声で操作をすることが出来ます。

IOT家電のメリット

04
誤操作の防止

インターネットと家電を繋げることで操作を自動化することが可能です。それにより、エアコンの消し忘れや鍵の閉め忘れなどのヒューマンエラーによる誤操作やボタンの押し忘れなどを回避することができます。


IOT家電のデメリット

ご家庭にWi-Fi環境が必要になる

Wi-Fi環境が整っていない場合はIOT機能を使用できないので、通常の家電と変わりません。

外部から不正にアクセスされるリスクがある

IOT家電には、個人情報を必要するものがあります。セキュリティーコードを定期的に変更することや、家庭内のインターネット接続を監視できるシステムを導入することも一つの対策です。


IOT家電でできることの一例

IOT家電でできることの一例です。

詳しくは各家電メーカーによっても異なりますので導入の際は、事前にご確認ください。

IOT家電でできることの一例

洗濯機

これまでの洗濯の履歴をもとに、最適な洗濯コースを選んでくれます。
また、洗濯が終わったことをスマホに知らせてくれます。洗濯物の汚れ度合いをAIで感知し、自動で洗い・すすぎ時間の最適化をしてくれます。

IOT家電でできることの一例

エアコン

外出先からでも電源のON/OFFの確認ができるので万一電源の消し忘れがあった場合も外出先から消すことができます。
また、これまでの稼働履歴を学習し自動で快適な空間をつくる事ができます。

IOT家電でできることの一例

冷蔵庫

食材を保存するときに、賞味期限を登録することができ、賞味期限が近くなるとディスプレイやアプリで通知してくれます。また、冷蔵庫の中の食材量を管理でき外出先からでも確認ができるので、お買い物の際にも便利です。冷蔵庫の食材からレシピの提案などもしてくれます。


IOT対応家電でないと使用できないの?

冷蔵庫や洗濯機など、家電に内蔵されているものに関してはIOT対応家電でないとできません。

後付けでできるものもあります。照明のON/OFFやカーテンの開け閉め、開錠や施錠、赤外線センサーを使用するリモコンをスマホで一括管理をすることが出来ます。

玄関キーなど工事無しで、既存商品に取り付ける商品も販売されております。


家全体の電化製品をまとめてAIで管理するHEMS

IOT家電は電化製品ごとに管理しますが、似ているもので、HEMS「Home Energy Management Service」というものがあります。

このHEMSは家中の電化製品を一括で管理、見える化を実現します。

電化製品ごとの消費電力詳細の可視化により積極的な節電が可能になります。

種類によっては、高性能AIが家庭ごとの日常生活、環境を学習し、使用状況に応じて自動的に消費電力を節電することで、省エネに大きく貢献します。

2016年に政府より発表された「地球温暖化対策計画(案)」では、家庭部門の取り組みとして2030年までにHEMSを全世帯に普及させるといった目標が示されています。

Gハウスでは「勉強会」や「相談窓口」で皆様のお家づくりのお手伝いをしております。

ご興味がおありでしたらぜひご予約ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tel