住宅の世界トップクラス?

こんにちは。  池田祐規です。

 

 

 

日本という国は、家電や車の業界で世界トップクラスですが、住宅は、どうでしょうか?

 

 

 

 

 

答えは、ノーです。

 

 

 

 

 

 

 

現在、住宅の技術で世界トップクラスは、ドイツなんです。

 

 

 

 

 

ep1_pht6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何がトップかというと、省エネに対する意識がずいぶん前からあり、家で使用するエネルギーが極端に少ないという点です。

 

 

 

 

 

 

ドイツでは、もうすでに「プラスエネルギーハウス」という、住人が使うエネルギー以上の電気を家が生み出している家もあるという状態です。

 

 

 

 

 

また、ドイツでは、住民の健康にも、力を入れており、ヒートショックが、起きにくい家の構造を提唱しています。

 

 

※ヒートショック・・・家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のこと。日本で、年間1万人以上(平成25年中の交通事故死 4,373人、1970年の16,765より 73.9%減少していますが・・・)。

 

 

 

 

 

 

 

どのような構造かというと、、家が一つの部屋として考え、どこにいても室内温度が変わらないというものです。

なので、ヒートショックも起きません。

 

 

 

 

これから、日本でも浸透していくと考えられており、私もどんどん勉強していきます。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

Scroll to top
Tel