Gハウスの家にエアコンが
何台必要なのか?
科学的根拠をもとに解説します


こんにちは。Gハウスの池田晃啓です。

本日はお客様からよくある質問テーマをもとにご解説します。

「Gハウスさんの家って何畳用のエアコンが何台ぐらい必要ですか?」という質問を良く頂きます。

そもそも前提のお話からしますと、Gハウスの家のコンセプトとして「健康」を最重要視しています。

なぜなら家というものは古来からゆっくり身体を休め、快適にリラックスして過ごすための場所だからです。


Gハウスの家を建てていただくと手に入ること

それは夏も冬も年中、足元から天井まですべての部屋が同じ快適室温をキープ。

かつ空気がとてもきれいな環境です。

冬場だと半袖半ズボンで、羽毛布団や毛布のいらない生活です。

そして、毎月の光熱費を非常に抑えることが可能です。


実測データ

高性能住宅 建築実例

A様邸

坪数 31坪
光熱費 11,884円(1ヶ月の平均額)
詳細 ・すべての電気使用量
・オール電化
・太陽光発電なし
何年経っても変わらない断熱性能で快適

B様邸

坪数 37坪
光熱費 14,185円(1ヶ月の平均額)
詳細 ・すべての電気使用量
・オール電化
・太陽光発電なし

これらはGハウスで建てていただいた方の実際のデータです。

このような生活が可能な理由は、6畳用エアコン + 熱交換型全館換気システムで全館空調を実現しているからです。

全館空調とは、文字通り家全体の室内空気のよごれをとり、温度を自動的に調節する装置のことです。

通常はかなり高額な全館空調設備を導入しなければならないのですが、弊社の優れた高気密性能(平均C値:0.2㎠/㎡)、高断熱性能(Ua値:0.46 W/㎡K)というハイスペックと科学的根拠に基づく仕様・設計により、最も安価な6畳用エアコンで全館空調を実現しています。

結果的に床暖房も不要で、床面まで20~21℃になります。


Gハウスさんの家は何畳用の
エアコンが何台必要ですか?

さて、冒頭の質問に戻ります。

弊社が家を設計した際に、実際に計算している手法をご紹介します。


数値の計算方法について

条件

冬季の大阪平均気温 7℃
冬季の健康に暮らせる室温 23℃

建物データ

  • 2階建て
  • 床面積120㎡(間口7.5m×奥行8m)
  • 容積780㎥(必要換気量390㎡)
  • Ua値:0.46W/㎡K
  • C値:0.2㎠/㎡

① 換気による熱損失

換気による熱損失の計算式は以下になります。

比熱 × 比重 × 質量 × 温度差

比熱 空気の比熱 = 空気の温度を1℃上昇させるのに必要なエネルギー = 0.279Wh/kg℃
比重 空気の比重1.25kg/㎥(外気温7℃、湿度50%、気圧1010hPaの場合)
質量 換気によって1時間に排出される空気の量=必要換気量390㎡
温度差 冬季の健康に暮らせる室温23℃-冬季の大阪平均気温7℃ = 16℃

換気による熱損失を計算式にすると

比熱 × 比重 × 質量 × 温度差

0.279Wh/kg℃ × 1.25kg/㎥ × 390㎥ × 16℃ = 2176Wh


② 漏気による熱損失

漏気による熱損失の計算式は以下になります。

比熱 × 比重 × 漏気換気量 × 温度差


漏気換気量の算出方法

質量 × 50パスカル時の気密性能 × 周辺環境による数値

質量 家全体の空気の量 = 780㎥
50パスカル時の気密性能 0.6回/h = C値0.2㎠/㎡
周辺環境による数値 0.10
建物はないが樹木が点在 0.07
森林や街中に立つ場合 0.04

漏気換気量の値を算出すると

780㎥ × 0.6 × 0.04 = 19㎥


漏気による熱損失を計算式にすると

比熱 × 比重 × 漏気換気量 × 温度差

0.279Wh/kg℃ × 1.25kg/㎥ × 19㎥ × 16℃ = 106Wh


③ 外皮からの熱損失

必要熱量を計算式にすると

0.46 W/㎡K × 外皮面積321.5㎡ × 温度差16℃ = 2366Wh


熱損失の合計

熱損失の合計を計算すると

(① + ② + ③) = 2177Wh + 106Wh + 2366Wh

= 4649Wh

≒ 4.7kWh


1時間に逃げていく熱損失をエアコンで補うことができれば室温を一定にすることが可能となりますので、足元から天井まですべての部屋が同じ快適室温をキープできるということになります。

このように計算を行いますが、こちらはあくまで一般的な換気システムの場合です。

Gハウスの家では熱交換型全館換気システムによる熱交換があります。

つまり、換気による熱損失がさらに少なくて済みます。


Gハウスの熱交換型換気システムの場合

換気による熱損失の計算式にすると

比熱 × 比重 × 質量 × 温度差


温度差の算出

冬季の健康に暮らせる室温23℃ – 室内給気温度18℃ = 5℃


換気による熱損失は

0.279Wh/kg℃ × 1.25kg/㎥ × 390㎥ × 5℃ = 680Wh


熱損失の合計は

(① + ② + ③) = 680Wh + 106Wh + 2366Wh

= 3152Wh

≒ 3.2kWh


エアコンの必要台数は

気密性能に優れたGハウスの家なら14~16畳用エアコン1台で運転が可能となります。暖房能力4.7kW以上のエアコンで十分ということになります。

3.2kWのエアコン1台で十分ということは、先ほどの4.7kWに対して約30%削減することが可能です。

ただ、エアコン1台だとエアコンから最も遠い所の温度ムラができたり、結果的に1台にかかる負荷が大きいため電気代が上がりますので、Gハウスでは最も安価な6畳用エアコン(2.2kW)を2台設置しています。

ということで、本日は「Gハウスの家にエアコンが何台必要なのか?」というテーマで科学的根拠をもとに解説しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Tel