ヒートショックにご注意を

暖かくなったと思ったら、また冷え込むそうです。

裏起毛のタイツが大活躍しそうです。谷口です。

寒さは家の中でも感じませんか?

何度かブログやHPでもご紹介していますが、この冬に気を付けたいのが

ヒートショック

ご存知ですか?

年間のヒートショックの死亡人数は全国で約14.400人

年間の交通事故の死亡人数は全国で約4.113人(2014年の統計)

年間死亡率が交通事故の3倍以上なんです!!!!

交通事故の死亡率は頻繁にニュースで取り上げられていますが

ヒートショックでの死亡率は、最近でこそニュースで取り上げられていますが

なかなか情報が入ってこない為、あまりの多さにびっくりされる方も多いかと思います。

そもそもヒートショックとは

寒い日の入浴中に血圧が大幅に変動し、

心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・不整脈・失神などを引き起こすことを指します。

血圧上昇の原因は、暖かい場所から冷たい場所へ移動した際の急激な温度差です。

特に、高齢者・高血圧・糖尿病や脂質異常で血管が弱くなっていたり、心臓の弱い方は

血圧の変動に耐えられずヒートショックを引き起こしやすくなります。

では、ヒートショックはどのような場所で起きるのかというと

入浴中です。

一般のお家での、リビングと脱衣場の温度差は

20℃以上になることもあります。

寒い脱衣場に行くことで血圧が上昇し

湯舟の熱いお湯に浸かることで更に血圧が急上昇します。

急激な血圧の変動が心臓や血管にダメージを起こし、ヒートショックをひきおこすのです。

ではどのような対策をすれば良いのかご紹介します。

それは、高断熱・高気密な高性能住宅を建てること!!!!

・・・と言ってもこれは出来る人は限られますよね?

では、誰もが出来る対策をご紹介します。

それは、とても簡単!

お家の中の温度をなるべく一定にする事です。

部屋ごとの温度差を最小限にすることによって

血圧の急激な変動を防止します。

①脱衣場をファンヒーターなどで暖かくしてください。

②浴室内も暖かくしてください。

換気扇をまわさずシャワーでお湯を1分くらい出しておくと温まります。

お風呂のお湯は熱くしすぎない!!

せっかくリビング・脱衣場・浴室の温度差を最小限にしても

お湯との差が大きければ意味がありません。

38~40度の少々ぬるめが良いそうです。

④万が一の場合を考え、入浴の際には家族に声をかけてから入るようにしてください。

以上4つに気を付けて入浴してみてくださいね。

一番良いのは、やっぱり高断熱・高気密の高性能住宅です。

健康が一番。

 

Scroll to top
Tel