みんなが気づいてない、省エネ住宅を建築する上で、いちばん大切なこと

設計の池田晃啓です。

 

 

巷では、ZEH(ゼロエネルギー住宅)や認定低炭素住宅などの言葉があふれています。

 

 

省エネは今後の家づくりのトレンドであり、王道です。

 

 

車で言うと、エコカーが主流になり、プリウスなど非常に多く街で見かけます。

 

 

 

 

いかに住んでから燃費の良い家を建てるか?

 

 

省エネ住宅をどの住宅会社も力を入れて取り組む時代です。

 

 

省エネ性能を表す数値としてUA値やQ値、C値を各社それぞれうちはいくらです!

 

 

とアピール合戦です。

 

 

 

 

さて、ここで皆さんには、

 

省エネ住宅を建築する上で、

 

非常に大事なことを覚えておいていただきたいと思います。

 

 

 

一番大切なポイントは、

 

 

 

10年後も省エネ性能は維持できるお家なのか?

 

 

ということです。

 

よく考えれば当たり前のことだと感じると思いますが、

 

 

 

 

現実はどの住宅会社も「買ったとき」は断熱性能が良いお家です。

 

 

 

必要な対策をしていないと物理現象で断熱性能は必ず落ちます。

 

 

買った時だけ省エネでは意味がありません。

 

 

 

 

詳しくは無料のウキウキ勉強会で説明していますので、ぜひどうぞ!(^_^)

直近のウキウキ勉強会のスケジュールはこちら

 

 

 

 

 

 

Scroll to top
Tel