快適ワークスペース
家でも集中できる環境がある暮らし

働き方の変化は、コロナ禍で拍車がかかりました。

リモートで仕事ができる時代、在宅ワークを採用、推奨する会社も増えてきました。

家でもしっかりと集中できる環境は、仕事の効率アップにつながります。


Style

暮らし方で変わる家のカタチ。

それぞれの暮らしのスタイルに合わせた家のカタチをご提案しています。

防音部屋で安心

リモート会議も気にせず読書

集中できる個室

小さなお子様も気にせず仕事

集中力は空気質

きれいな空気ではかどる仕事

家事と仕事の両立

オープン書斎で仕事の合間に家事


タイプ別で考える

家事や子育てをしながら仕事ができるリビングワークスタイル

家事や子育てをしながら仕事ができる、リビングワークスタイル。

みんなの気配を感じながら、仕事をすることができます。特定の人が使用するのではなく、家族みんなが使える場所として活躍します。


オンオフの切り替えができる個室ワークスペース

お子様がいる時でも、個室なら集中して仕事をすることができます。

また、周りの環境を気にせずに、オンライン電話や会議をすることができ集中して仕事をする方には、個室のワークスペースがあると便利です。


長時間集中できる環境を作る

長時間集中できる環境が必要になります。

テレワークを快適にするためには、室内環境も重要になります。

換気がスムーズに行われないと、二酸化炭素濃度が上昇し、眠気や主注力の低下につながります。Gハウスでは家中が新鮮できれいな空気環境ですので、集中して仕事をすることが可能です。


在宅時間が長くても電気代を抑えることができる。

集中するためにも、快適な温度、湿度環境は重要になります。

通常、在宅時間が長くなることで、冷暖房費や光熱費が必然と高くなります。

Gハウスでは6畳用エアコンで年中点けっぱなし。在宅でも不在でも、冷暖房費を気にする心配がありません。


Family structure

家族構成は時代と共に多様な形に変化しています。
家族構成に合わせたおすすめの間取りなどをご紹介しています。

Scroll to top
Tel