子育て世帯の暮らし

子供の成長を感じながら、過ごす家。

家事は分担と削減で時間と心に余裕のある暮らし。


間取りについて

  1. 宅配BOXは家事や育児で手が離せない時に便利です
  2. 広いシューズクロークにはお子様のおもちゃ、ベビーカーを収納
  3. 両手がふさがっていても自動玄関錠で楽々
  4. 玄関水栓でお子様の手洗い週間
  5. キッチンとランドリーがつながる家事動線
  6. ファミリークローゼットで1か所に収納。家事の時短
  7. リビングダイニングが見渡せるキッチン
  8. 赤ちゃんのお昼寝は畳コーナーで
  9. 子供部屋は、将来を考えて扉で仕切る

時間帯で見る

6:00

起床もストレスの無い快適温度

6:30

発電した電気で朝食の準備

8:00

回遊動線で混雑回避

10:00

発電した電気でルンバがお掃除

15:00

お迎え中でも安心の宅配BOX

16:00

帰宅後は玄関水栓で手洗い

19:00

子供の宿題はキッチンで見る

20:00

洗濯物はファミリークロークへ

22:00

きれいな空気でぐっすり睡眠


子供と考える間取り

間取りで子供のやる気を育てる

帰宅した際の手洗い、うがい習慣。

自分の物は自分で片づける、お子様の身長で仕入れしやすい高さに合わせた収納スペース。間取りの工夫で、お子様でも片付けの習慣ややる気を育てることができます。家事はみんなで、無駄は省くことが重要です。

子供の成長に対応できる間取り

子供の成長に合わせて変わる荷物。

可動棚で様々な環境・収納物に対応することができます。子供部屋を設ける際も壁で間仕切るのではなく、将来大きな1つの部屋として使用できるように扉や収納家具で仕切る方が、部屋の活用用途が広がります。


家族がいつまでも健康で暮らせる家

室内空気環境が重要

ハウスダスト等のアレルギー物質は床面近くに多く沈殿し、空気がもっとも汚染されている床上30㎝の空気層の中で、私たちは就寝しています。それは同時に、赤ちゃんの生活空間でもあります。適切に換気を行う事できれいな室内環境で健康に暮らすことができます。

持続する性能が健康に影響する

多くの住宅は建てた時が性能のピーク。何十年も経つと断熱・気密性能は落ちてきます。自分達・子供たち・孫たちの世代まで、高性能が持続する住宅を提供しています。Gハウスでは、科学的根拠を用いた設計デザインで、高性能が持続する住宅を提供しています。

Scroll to top
Tel