片付けも、みんなで共有
あるべき場所にあるべき容量

お家が散らかるのは、誰のせいでもありません。

必要な場所に必要な容量の収納が無いから。

「家事も掃除も、できる人ができる時にする」が叶う収納がポイントです。


Style

暮らし方で変わる家のカタチ。

それぞれの暮らしのスタイルに合わせた家のカタチをご提案しています。

リビング収納

皆が集う場所には各自の収納を

家族の収納場所

全ての収納はここ。まとめてスッキリ

しまう物と場所

決められた収納で自発的お片付け

パントリーの活用

食品ストック等をスッキリ収納

自由自在の可動棚

シーンに合わせて動くスッキリ収納


収納は使い勝手が重要

いつもキレイに片付いた状態を持続する事が重要です

そのためには、洗濯物は、畳んで収納するかハンガーにかけて収納するかなど、自分に合った収納方法を見つけることが必要になります。

また予め、何を何処に収納するかを決める事で、家族で共有、片付けができる実用性のある収納になります。

使ったものは元に戻す。お子様のしつけにもなり、これができれば収納が散らかる事はありません。


収納する物に合わせてカスタマイズできる可動棚

お子様が小さい時にはハンガーパイプを低い位置に設置し、成長と共に高い位置にする。

子供の成長や収納する物、ライフスタイルの変化に合わせて自由に変更できる可動棚。

収納したい物に合わせてカスタマイズできる可動棚は、便利で使い勝手が良い収納です。


収納スペースの換気できていますか?

ニオイが溜まりやすい収納

収納などの密閉された空間はニオイがこもりやすく、開けた際に不快感を与えます。

特にシューズクロークは、靴に汗や雨が染み込んだ状態の物をそのまま収納するのでニオイ菌が繁殖し、嫌なニオイの原因となります。

Gハウスの家は、このにおいを効率的に排出することができます。


クローゼットの洋服にカビは発生していませんか?

洋服がたくさん掛かったクローゼットは、通気性が悪いため湿気を停滞させカビ発生の原因となります。

湿気を停滞させない為にも、通気性をよくすることが重要になります。

お気に入りの洋服にカビが発生した!という事態を防ぐためにも通気性をよくする事は重要です。

また、洋服の詰め込みすぎも、通気性を妨げる事になるので要注意です。


Family structure

家族構成は時代と共に多様な形に変化しています。
家族構成に合わせたおすすめの間取りなどをご紹介しています。

Tel