高性能樹脂サッシ

トリプルシャノンⅡX


What’s Triple-Shanon

高性能住宅では欠かす事の出来ない、国内最高クラスの断熱・気密性能の樹脂サッシ、トリプルシャノン。

家の中で、最も外気温を室内に伝えやすい場所は「窓」「ドア」などの開口部です。

夏の冷房時には開口部から熱が入る割合は73%、冬の暖房時には58%もの割合の熱が流出しています。ガラス板3層からなる高性能樹脂サッシを使用する事で、断熱・気密性能を高めるだけではなく、快適に暮らすことができます。


窓からの外気温を遮断し
快適に過ごすことができます

断熱・気密性能に優れたサッシにより窓からの暑い日差しはもちろん窓の近くでも暑い・寒い、のストレスが無く快適に過ごすことができます。

アレルギーの原因となる
物質から健康を守る

高性能樹脂サッシは、外気温度と室内温度差によって発生する結露を防ぐ事により、アレルギーの原因となるカビやダニの繁殖を防ぎます。

高い遮音性能で
静かな室内環境を実現

屋外の騒音もシャットアウト。室内での騒ぎ声も遮音してくれるので、ご近所に気兼ねすることなくのびのび暮らすことができます。

驚くほど高い
冷暖房効果を実感してください

樹脂サッシは、アルミサッシに比べ1/1000しか熱を通しません。そのため、真夏・真冬の保温性が高まり少しの冷暖房エネルギーで快適空間が持続出来ます。

お財布と地球に
やさしい暮らしを

断熱・気密性能に優れたサッシは、快適に暮らせると同時に、省エネで冷暖房費の削減、CO2排出量の削減に貢献します。

堅牢なフレームで
長期にわたり品質の安心を

窓枠(フレーム)を2.5㎜以上の厚みがあるので、変形や垂れさがり、枠・障子の割れや欠けを防止します。長期に渡り安心してご使用いただけます。


01断熱性能との関係

Gハウスの高性能住宅では一般的なアルミサッシに比べ
85%もの熱損失を削減します

3層のトリプルガラスと熱伝導率の低い樹脂サッシは、外気温度を室内に伝えづらいため家中どこにいても温度差の無い快適な暮らしができます。

一般的な窓は単層(ガラス1枚)もしくはペアガラス(ガラス2枚)ですが、Gハウスではトリプル(ガラス3層)のため、すぐれた断熱性能を発揮し、快適に暮らすことができます。


02光熱費との関係

真夏・真冬の室内温度の保温性が高まり冷暖房費を抑えます

樹脂サッシはアルミサッシに比べ1/1000しか熱を通さないため、少しの冷暖房エネルギーで快適温度にします。

熱伝導率の低いサッシは保温性が高いため快適温度を持続、冷暖房費を抑えます。温暖化による気温上昇でも、CO2排出量を削減、省エネでお財布と環境にやさしい暮らしができます。


03結露との関係

結露しない窓でアレルゲンから家族の健康を守ります

結露は暖かい室内の空気が冷たい壁や窓に当たる事により、急激に冷やされ空気中の水蒸気が水滴になる現象を結露と言います。

高性能の樹脂サッシで結露を防ぐため、小児ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの原因物質となるダニやカビなどの繁殖を防ぎ、健康で快適に暮らすことができます。


04気密性について

気密を高めるこだわり設計

JISの最高等級【A-4等級】を大きく上回ります。住宅の快適さに貢献する断熱性能や遮音性能は確かな気密性能で確保されます。

枠と障子の両方に備えた2重シール構造のダブルの気密材で空気の漏れを防ぎます。


05優れた遮音性能

トップレベルの遮音性能だから
静かな室内環境を実現します

分厚い堅牢なフレームは気密性が高いと同時に遮音性にも優れています。

通行料の多い道路に面した立地、電車が近くを走っている立地においても静かな室内環境を実現します。

エクセルシャノンでは約65デシベル(デパート内)→約40デシベル程度(図書館内)の防音効果があるため大通沿いに面したお家でも車の騒音ストレスを感じることなく暮らせます。また、近隣の方との騒音トラブルも気にすることなく暮らしていただけます。


06各種性能について

ガラス総厚39㎜の幅で断熱性能を確保

特殊な金属膜で表面をコーティングした「Low-E複層ガラス」を、内外2枚に採用したトリプルガラス。ガラス総厚は39㎜と中空層幅を広くすることで断熱性能を確保しています。

ウォームエッジスペーサーを採用

アルミスペーサーより断熱性能が高いウォームエッジスペーサーを採用することで熱橋及びガラス端部の結露を抑制します。

※熱橋とは、屋内と外部の熱を伝えてしまう現象で、熱損失や結露等の原因となります。
※品種、サイズ、地域、ガラスメーカー等によりアルミスペーサーの場合があります。
※ウォームエッジスペーサーとアルミスペーサー都ではガラス中央部の熱還流率は変わりません。

厚さ2.5mm以上の堅牢フレーム

フレーム構造体となる外周部は2.5㎜以上の厚さで成型しています。これは「公共建築工事標準仕様書」ならびに「木造建築工事標準仕様書」に適合した堅牢な樹脂サッシです。


Verification

Gハウスでは、科学的視点・物理的視点で性能値や健康への影響を検証しています。


01検証の様子

遮音性の検証の様子

実際の住宅で使用するサッシのサンプルボックスで、騒音測定器を用いて実験を行いました。

ボックスの中にラジカセをセットしサッシを開けた状態と、閉めた状態での音量を計測しました。開閉時を比較すると70デシベル→40デシベルの約60%減。


02実際の光熱費の様子

I様邸

家族構成4人家族(夫婦 / 子供2人)
使用する種類オール電化(太陽光発電による影響を考慮しない純粋な消費電量)
使用状況
  • エアコン年中点けっぱなし
  • 日中在宅
  • 24坪の2階建て(吹き抜けあり)

※ご提供いただいたお施主様の例になりますので、必ずしもこの通りになるものではございません。

※家族構成や使用状況によって変動しますので、一つの例として閲覧くださいませ。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


O様邸

家族構成4人家族(夫婦 / 子供2人)
使用する種類オール電化(太陽光発電による影響を考慮しない純粋な消費電量)
使用状況
  • エアコン点けっぱなし(10月~と4月~の各1か月半、合計3か月はエアコンを使用していません。)
  • 日中不在
  • 31坪の2階建て(吹き抜け無し)

※ご提供いただいたお施主様の例になりますので、必ずしもこの通りになるものではございません。

※家族構成や使用状況によって変動しますので、一つの例として閲覧くださいませ。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

Scroll to top
Tel