断熱性能×注文住宅のこと

断熱性能×注文住宅

断熱性能とは

高性能住宅には欠かすことができない「断熱性能」。

屋外から室内へ、室内から屋外へ熱が伝わらないようにすることです。

例えるなら、魔法瓶。一定の温度を持続させるので、少しの冷暖房エネルギーで快適な暮らしができます。


断熱性能を表すUa値

住宅の断熱性能は外皮平均熱貫流率「Ua値」という単位で表されます。

建物の外皮である屋根、外壁、開口部、床などからの逃げる熱の量を外皮全体で平均した値です。

計算方法は、「熱損失量(w/K)÷外皮面積(㎡)」となり、建物内外の温度差が1℃の場合、1㎡あたり何wの熱が逃げるのかを示します。

数値が小さいほど、熱を伝えにくく断熱性能が高くなります。使用する窓やドア、断熱材によって大きく左右される数値でもあります。


高断熱住宅のメリット

高断熱住宅のメリット

01
年中快適に暮らすことができる

屋外の熱を室内に伝えにくくするので少しの冷暖房エネルギーで快適な空間が持続します。

高断熱住宅のメリット

02
冷暖房費を節約できる

保温力に優れ、少しの冷暖房エネルギーで快適空間が持続できるので、冷暖房費を節約することが可能。

高断熱住宅のメリット

03
ヒートショックを防ぐことができる

部屋ごとの温度差で血圧が変動し脳出血や脳梗塞を引き起こす原因となるヒートショックを防止することができます。

高断熱住宅のメリット

04
きれいな室内空気環境で暮らせる

窓の表面結露を防止することで、窓付近でのカビやダニ発生を防止し、きれいな室内空気環境で暮らすことができます。


ベストな断熱材とは

断熱材に求められる要素

多くのハウスメーカーや工務店は、「断熱材に求められる要素=断熱力が高いこと」と考えています。

したがって、それら多くの住宅会社がウレタンホームやセルロースファイバーをお勧めします。理由は、それらの断熱材は「熱伝導率が低い=断熱性が高い」からです。

しかし断熱材に求められる要素は熱伝導率だけではありません。

1度家を建てると壁の中は触ることができません。

であれば断熱材には、耐久性、性能の持続性、劣化のし辛さ、防虫性、耐熱性、耐水性、それらをふまえて工法や断熱材選びが重要になります。

工法・一般的に使用される断熱材の種類を以下にまとめています。


断熱の工法

木造の場合、一般的に採用される工法は内断熱と呼ばれる「充填断熱」、外断熱と呼ばれる「外張り断熱」、充填断熱と外張り断熱の両方を施工する「付加断熱」。

それぞれの工法を簡単に説明します。

充填断熱

壁や天井の中に断熱材を充填する方法です

特徴 狭小地でもデザイン性を損なうことなく、断熱をすることができる。
比較的価格が安い。
注意点 気密性が低くなりやすい。
柱などの構造体には施工できないため、熱損失が起こりやすい。

外張り断熱

柱などの構造材の外側を断熱材でくるむ方法です

特徴 気密性能が高くなり壁体内結露が発生しにくい。
熱橋(断熱材を充填できない構造部材等を通じて、熱が貫通する部分)をカバーできる。
注意点 外壁部分の厚みが出るため、狭小地などでは居住面積が狭くなってしまう可能性がある。
コストが高い。
大地震で、外壁が垂れ下がるリスクがある。

付加断熱

充填断熱、外張り断熱を合わせたもの

特徴 気密性、断熱性が高くなり壁体内結露を防止する。
熱橋(断熱材を充填できない構造部材等を通じて、熱が貫通する部分)をカバーできる。
注意点 外壁部分の厚みが出るため、狭小地などでは居住面積が狭くなってしまう可能性がある。
コストが高い。大地震で、外壁が垂れ下がるリスクがある。


断熱材の種類

ここでは大まかな種類をご紹介いたします。

繊維系断熱材

グラスウール(無機繊維系)

ガラス繊維でできた断熱材

熱伝導率 10K相当0.05w/m・K 16K相当0.045 w/m・K
特徴 比較的安価、燃えにくい、吸音性が高い、シロアリに強い、耐熱温度が高い、耐水性が高い、撥水性が高い(乾きやすい)。
伸縮性が高く木材の縮みに対応できる。
注意点 湿気対策が必要、施工精度により垂れ下がるリスクがある。

高性能グラスウール(無機繊維系)

ガラス繊維でできた断熱材、グラスウールよりも繊維が細く断熱力が高い

熱伝導率 16K相当0.038 w/m・K 24K相当0.036 w/m・K
特徴 比較的安価、燃えにくい、吸音性が高い、シロアリに強い、耐熱温度が高い、耐水性が高い、撥水性が高い(乾きやすい)。伸縮性が高く木材の縮みに対応できる。
注意点 湿気対策が必要、施工精度により垂れ下がるリスクがある。

ロックウール(無機繊維系)

天然の鉱物を溶かし繊維状にした人造鉱物繊維の断熱材

熱伝導率 0.038 w/m・K
特徴 燃えにくい、撥水性が高い(乾きやすい)、シロアリに強い、耐熱温度が高い、耐水性が高い、伸縮性が高く木材の縮みに対応できる。
注意点 湿気対策が必要、施工精度により垂れ下がるリスクがある。

セルロースファイバー(木質繊維系)

新聞紙や段ボールなどの天然木質系原料を綿状にしたもの

熱伝導率 0.04 w/m・K
特徴 防音・吸音性が高い、シロアリに強い、伸縮性が高く木材の縮みに対応できる。
注意点 価格が高い、耐熱温度が低い、耐水性が低い、撥水性が低い。

発砲プラスチック系断熱材

ウレタンフォーム(木質繊維系)

ポリウレタン樹脂を主成分として発泡させたスポンジ状の断熱材です

熱伝導率 0.026 w/m・K
特徴 断熱性に優れている
注意点 燃えると有毒ガスが発生する、価格が高い、耐熱温度が低い、耐水性が低い、撥水性が低い。伸縮性が引く木材の縮みに対応できない。


総合的かつ長期的な視点が大切

Gハウスでは、工法は充填断熱、断熱材は高性能グラスウールを使用しています。

それらにはすべて理由があります。

耐久性、性能の持続性、劣化のしづらさ、防虫性、耐熱性、耐水性、それらをふまえたうえで採用しています。

科学的視点から、季節ごとの壁の中など、どの部材がどんな反応をするのか。

また、その反応が年月を経て住宅にどのように影響するのか。その場合に一番適している工法・部材は何なのか。

総合的かつ、長期的に判断することが大切です。



断熱性能のゴールから考える

何のために断熱性能を求めるのか?

断熱性能のゴールは健康・快適に暮らせる空間を省エネで実現すること。

例えば、付加断熱の断熱性能は高いですが、それを採用するコスト面を考えると、まずは窓やドアなどの開口部に断熱性能の高いものを採用するほうが効果的です。

一番の熱損失は断熱材を施工する壁や屋根よりも圧倒的に開口部に原因があるためです。

さらに、屋根や壁、開口部(窓やドア)の性能をいくら上げても、効率の悪い冷暖房器具(床暖房等)を使用したり、熱交換率の悪い換気システムを採用していると外気の影響を直接的に受けるので、健康・快適に暮らす空間にならずに、毎月の電気代がかかり省エネにならないこともあります。これでは断熱性能のゴールからかけ離れています。

また、劣化しやすい断熱材を採用すると、新築時は当初は快適でも、年々断熱性能が落ちて、健康・快適・省エネではなくなります。これも断熱性能のゴールからかけ離れています。

最も高いコストパフォーマンスで、いかに健康・快適、そして省エネに暮らすか。

これが大きなポイントになります。

私たちは、何十年も健康で快適に暮らすことができる家づくりのお手伝いをしております。


Gハウスでは「勉強会」や「相談窓口」で皆様のお家づくりのお手伝いをしております。

ご興味がおありでしたらぜひご予約ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tel